映画の名場面のようなシュート

 今朝、日本チームが、サッカーアジア大会で優勝したことを知った。

 決勝ゴールを決めたのは、李忠成選手。
日本国籍を持つ、在日朝鮮人4世だ。

 いやぁ~、まるで映画の名場面のようなシュートやね。

 『勝利への脱出』という映画において、ペレが見せた
 バイシクルシュートを思い出した。
 
 「忠成」は、日本語読みでは「ただなり」、
 朝鮮語読みでは「チュンソン」。
  
  李選手のHPには「TADANARI」と記されているが、
 本田選手はインタビューで、ごく自然に「チュンソンが・・」
 と呼んでいたのが、私にはうれしかった。


  チュンソンア、チョンマルロ チャーレッソ!
[PR]
by kase551 | 2011-01-30 21:53 | スポーツ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/15843928
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 「『日本人』としての喜び」? 決起集会 >>