差別

 差別というものは、「異質なものを排除する」
という側面もあるが、
「差別したい対象をわざわざ『異化』して排除する」
という側面もある。

 すなわち、本来同質なものに「差異」を作り出し、
「お前は俺らとは違う存在だ!」とレッテルを貼って差別するということだ。

 部落差別などは、これに該当する。
 本来存在しない「ケガレ」を作り出し、
「お前らは違う」と排除する。

 
[PR]
by kase551 | 2010-12-22 23:59 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/15654743
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 一般参賀 「国民」の「特権」? >>