続・つながりがありがたく、おもしろく・・・

 大阪城東区で生まれ、幼少時に奈良県・生駒に移住し、
東大阪・布施の祖父宅に足しげく通い、奈良の高校、
神戸の大学に在籍していた私には、奈良・大阪・神戸への
親近感に比べ、京都への愛着は、ほとんどなかった。
 
 敬意は抱くが、「どうぞご勝手に」という感覚。

 それが昨年、豊田勇造さんの「60歳・60曲・6時間コンサート」に
参加してから、確実に変わってきている。

 勇造さんはもちろんだが、勇造さんにかかわる人たちとの
つながりが、ありがたく、またおもしろく・・・・

 拙ブログのお客様でもあるさくらさんのお住まいは、
私がかつて勤務していたニッカウヰスキー創業者・竹鶴政孝が、
壽屋(現サントリー)の鳥井信治郎にスカウトされて造った
日本初のウイスキー蒸留所にほど近い山崎。
 
 反骨・繊細・哀愁の歌うたいであるスナフさんの
ホームグラウンドも京都。

 なんか、いろんな人のおかげで、自分の気持ちが広がってることを、
ホンマ実感します。

 さくらさん、明日の用事を終えてから、京都に「念」をいっぱい送りますよ。^^
[PR]
by kase551 | 2010-12-04 01:06 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/15557134
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 100年の重さ つながりがありがたく、おもしろ... >>