「公」と「私」

 かつて、ニッカウヰスキーに勤務していたとき、
朝は卸売店、昼は小売店を回って、受注・販促・
打ち合わせなどの営業活動をするのがニッカ、
いや日課だった。

 そして夕方、事務所に戻って伝票整理や書類作成などの
内勤をしたあと、夜の営業活動へ。
 居酒屋・スナック・バーなどを回る、「業務店視察」。
 
 その具体的内容は・・・

 ニッカをメインに置いてくれている店への、
「いつもありがとうございます」という「維持活動」。
 景品などを使って、新製品などをプッシュする「拡売活動」。
 サントリーが強い店に食い込み、逆転を狙って通い続ける「開拓活動」。
 
 いずれも、カウンターに座って、飲みながらの「業務店視察」だ。
 飲むときは必ず水割りで。
 経費削減と、水割りを作ってもらいながら、コミュニケーションがとれるため。
 
 そして、酔わぬように「殺して飲む」。
   
 勘定の時には、領収証をもらって、翌日「業務店視察記録」とともに
清算伝票を書く。
 
 これは「公」だ。

 プライベートで飲むときは、自分の担当でない店を選ぶ。
 ストレートかロックで楽しむ。
 ときおり飲みすぎて、アホなこと(たいていオヤジギャグ)をほざく。
 当然、自腹で、領収証などもらうはずもない。

 これが「私」だ。


 今思い出せば、「公」のときには、ウイスキーに悪いことをしていたなぁ・・・
 せっかくの美味く濃い味を、水でジャブジャブに薄めて・・・

 考えてみると、もう20年間、水割りを飲んでいない。

 今日は、ブラックニッカをストレートで楽しんでいる。
 酒の味を楽しむには、「私」に限る。 
 
[PR]
by kase551 | 2010-10-21 22:33 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/15328522
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< いつまで続ける朝鮮学校排除 「破棄」されたワイン >>