続・ノーベル賞雑感

 今回のノーベル賞においては、
「山中伸弥さんが受賞したらえぇなぁ」
という気持ちはあった。

 以前、このブログでも書いたことがあるが、
山中さんと私は同い年。
 そして学部は違うが、同じ大学に通っていた。
 
 しかし、歳が同じで、同じ大学に通っていたという、それだけのことだ。
 親近感は抱くが、「同い年で誇らしい」「同じ大学で光栄だ」などとは、
まったく思わない。
 
 「俺は俺の持ち場でしっかりやろう」と、刺激は受けるね。
[PR]
by kase551 | 2010-10-07 20:41 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/15251205
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 新入社員の悩み ノーベル賞雑感 >>