教育への圧力と介入

 橋下大阪府知事が、朝鮮学校に対して圧力をかけている。

  「この要求を呑まなかったら、補助金はやらん」という、実に卑劣なやりかた。

  すでに予算計上も終えている補助金をちらつかせて、
「教科から外せ」などと要求するのは、不当な圧力・介入以外の
なにものでもない。

 橋下知事による「朝鮮学校つぶし」と大阪地検特捜部による
「村木局長つぶし」に共通するものを、私は感じる。

①「難関の試験をクリアして、組織のトップに立つ全能のオレ」意識。
②明らかな人権侵害を自覚できず、ヒーローぶる愚かさと罪深さ。
[PR]
by kase551 | 2010-09-24 23:07 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/15179281
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ホークス一色 秋やねぇ・・・ >>