熱戦に拍手

 世界柔道選手権。
 中村美里と西田優香による52キロ級決勝にしびれた。

 根性のすわったえぇ面構えの両者。
 実力が拮抗した両者は、延長戦でも互いにポイントを許さず、
時間切れの旗判定で西田勝利。
 
 えぇもんを見せてもらいました。
 テレビ画面に思わず拍手を送った。パチパチ!

 かつて私は、柔道と日本拳法という武道を少しやっていた。
 「日本人の誇り」とか、訳のわからんことをゆわんかったら、
武道自体は、実にえぇもんやと思う。
[PR]
by kase551 | 2010-09-12 23:59 | スポーツ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/15114117
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 20歳の大殊勲 差別の本質 >>