65年目の「遺言」

 今日(8月16日)の『朝日新聞』朝刊に、90歳の元日本兵
が語る、日中戦争における加害の事実証言が掲載されている。

「一年目の討伐作戦。ある村で30歳前後の中国人女性を
見つけ、先輩の古年兵たちが輪姦した。いつもなら口封じの
ために殺すのに、行軍に連れて行った。女性は裸にされ赤ん坊を
抱いていた。休憩のとき、古年兵が赤ん坊をがけ下に投じた」

 これが「皇軍兵士」の実態だ。
[PR]
by kase551 | 2010-08-16 23:17 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/14961788
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 熱中症甲子園 卑怯者ども >>