卑怯者ども

人の命を犠牲にする作戦を立てた人間は、
まず率先して手本を見せるべきやろ。
 
 自分は安全地帯に身をおいて、
若者たちに「玉砕」「特攻」を強いた
卑怯者ども。

 「満州国」の崩壊寸前に、「開拓民」たちを
 置き去りにして、いち早く逃げた日本軍の
 卑怯者ども。

  敗戦後、「進駐軍慰安施設」を設置し、
「慰安婦募集」をした恥知らずな日本政府。

  ♪こんな女に 誰がした♪ 
[PR]
by kase551 | 2010-08-15 21:41 | 社会 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/14955357
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by at 2010-08-16 03:38 x
私の叔父も開拓団として中国に行きました。
“守ってくれると信じていた日本軍は、
 一足先に逃げ帰っていた”と憤慨していました。
Commented by kase551 at 2010-08-16 22:32
 あ~、そうだったんですか。

 叔父さんの証言は貴重ですね。

 もちろん「立派な日本軍人」も存在していたことは認めますが、「一足先に逃げ帰っていた」卑怯者どもも少なくなかったのですから・・・


<< 65年目の「遺言」 8月の戦争関連番組 >>