林えいだい氏

 『しんぶん赤旗 日曜版』に、「軍艦島」に関する記事が掲載されている。
 
 同紙の記者が、ノンフィクション作家・林えいだい氏と
ともに現地を訪れ、「観光コースでは分からない朝鮮人強制連行の歴史」
をたどった記事だ。

 林氏の『写真記録 筑豊・軍艦島‐朝鮮人強制連行、その後』(弦書房)
は、多くの人に読んでいただきたい労作だ。

 高齢で、体調が思わしくないと伝え聞く林氏の、
持続する問題意識と行動力に、頭が下がる。

 彼よりはるかに若いわたしがやるべきことは、
まだまだ多い。

 


 
[PR]
by kase551 | 2010-08-07 23:59 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/14917334
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 核 「黒い雨」は降り止まない >>