「無」から「有」

  友人Cの個展のセッティングを手伝う。

 「展示場」となるスペースが、さむざむとした立方体から
「芸術の空間」に変貌していく過程が、なんともオモロイ。

  1コーナーのレイアウトを任され、 
 自分がその過程に参加しているという
 楽しさを実感する。

  「無」から「有」のオモロさやね。
  
  福岡で暮らし始めたのは、2002年3月。
  知り合いも友人もいない、「無」から
 始まった生活は、近所における、なじみの
 八百屋・魚屋・古本屋の大将(社長)との
 つきあい、市民運動団体のメンバーとのつきあい、
 そして、Cをはじめとする飲み友達とのつきあいなど、
 きわめて濃厚な「有」の人間関係になっとるんやなぁ・・・ 
  
  あと12年くらいは生きたいなぁ、と思う。
[PR]
by kase551 | 2010-08-02 23:59 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/14890594
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< BLACK EYE LADY 続・ジャズ >>