ジャズ

  地元福岡のテレビ局が製作する情報番組で、
「福岡音楽散歩ジャズ」というタイトルを朝刊で目にして、録画予約。

 帰宅して視て、失望。

 ジャズ関連店舗の紹介はさておき、
番組の「コーディネーター」が推薦するジャズミュージシャンに、
あきれる。
 
 ソニーロリンズの『サキソォンコロッサス』を紹介したことに、
「おぉえぇやんか」と喜んでいたが、次は、マイルスデイビスと
ジョンコルトレーン。えっ?!

 「マイルスは、時代の最先端を行っていた」というニュアンスの
 コメントや、「コルトレーンは求道者だった」などの「解説」に
 うんざり。

  アホか? 椎葉とかゆぅ人は、ほんまにあかんね。
 
  ジャズの魅力を広めるならば、ロリンズ(テナーサックス)
 ⇒デイビス(トランペット)⇒コルトレーン(テナーサックス)
 という紹介は、あかんやろ?
  聴いて、絶対に「楽しくない」と思う。
 
  俺やったら、①ロリンズの後は、
 ②ビルエバンス(ピアノ)が弾く「枯葉」、
 ③ウィントンマルサリス(トランペット)のアルバム
『スタンダードタイム』を勧めるね。
  
  ロリンズ節に惹かれたあと、エバンスの流麗なタッチと
 叙情性に魅せられた人は、マルサリスのストレートな力強さと
 表現力に、感嘆するはず。
 

 往々にして、ジャズについて語るひとには、椎葉氏のように、
勘違いをして自己顕示をするやつが多いんよねぇ・・・・

 まぁ俺も、自己顕示欲は強いと思うけど、それでも
セロニアスモンクの音楽を「お勧め」とかゆわんもんなぁ・・・
  
 
[PR]
by kase551 | 2010-07-31 23:57 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/14872856
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 続・ジャズ こどもへの責任 >>