デマを垂れ流してトップ当選

 私が投票する選挙区でのトップ当選者は、
「選挙公報」において、次のような「政策」を
掲げている。

 (引用はじめ)
 「国の絆・家族の絆、守ります。
  国の形を壊す『外国人地方参政権』の導入や、
  家族の絆を壊す『夫婦別姓』の導入には断固反対します。」
                      (引用終わり)


  スウェーデン・デンマーク・ノルウェーでは3年以上、
 オランダでは5年以上滞在する外国人に対して、
 地方選挙における選挙権・被選挙権を認めている。

  この当選者の論法にしたがうなら、
 スウェーデン・デンマーク・ノルウェー・オランダの
「国の形」は壊れてるっちゅうことやね。

  また、俺の友人は、「事実婚」(当然夫婦別姓)
 で30年くらい家族を「運営」してるけど、
 絆はめっちゃ強いけどなぁ・・・・
  

  ホンマ、「国の形を壊す『外国人地方参政権』」
 とか、「家族の絆を壊す『夫婦別姓』の導入」とか、
 しょーむないデマを垂れ流すアホがトップ当選とは・・・・
[PR]
by kase551 | 2010-07-12 21:23 | 社会 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/14760574
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by at 2010-07-13 18:26 x
過去に日本政府が謳った「国の絆・家族の絆」。
そこに人権や民意があったのか。
それを再考すべき時ではないでしょうか。
そして、その裏に潜む真意とは「何」であったか。
Commented by kase551 at 2010-07-14 17:35
 政治家や政府が、「『家族の絆』がどーのこーの」と強調することが、
なんか迷惑なんですよね。余計なことを言わずに、ほっといてくれと
言いたくなりますね。


<< 学習会 選挙 >>