「こうの史代氏への違和感」への違和感コメント

 昨年8月にここでつぶやいた「こうの史代氏への違和感」に、相次いでコメントが寄せられた。

 わたしが抱いた違和感への「違和感コメント」だ。


 わたしがこうの氏の『夕凪の街 桜の国』(双葉社)を読んで感じた違和感は、

①「スラム」描写などにおいて、朝鮮人の姿が全くうかがえないこと
②作品に先立って、「広島のある日本のあるこの世界を愛するすべての人へ」ということばを、
 こうの氏が記していること
 
 の二点に起因する。

 
  ふ~ん・・・
 「広島のある日本のあるこの世界」を愛せない人は、どうなるんやろ?
 「広島さえなかったら・・・」「日本さえなかったら・・・」
 という思いを抱き続けている在韓被爆者・在朝被爆者も存在するのではないか
 と考える私には、この作者のことばは、きわめて「能天気」「無神経」 
 に感じられた。

  「唯一の被爆国・日本」などというたわごとを、この作品が後押しするんと
  ちゃうんかなぁ・・・ 
   嫌やなぁ・・・・

  

  わたしが抱いたこの違和感に、「違和感コメント」が寄せられた。

  コメントへの返答にも書いたが、このようなコメントは、困るんよねぇ・・・

  わたしはこうの史代氏に、「朝鮮人被爆者を描くべきだ」「能天気なことばを書くな」
 と要求したり、提言しているのでは、決してない。
  小林よしのり氏が率いていた『わしズム』に掲載されたこうの氏の作品などからも、
 そのような要求をする自体が、それこそ「ないものねだり」であると、十分理解しているし 
 ^^;、そもそも、何を描くのか描かないのかは、作者の自由やからね。

  しかし、カネを出して買った読者であるわたしが、「ここが嫌やなぁ・・・」と、
 拙宅(ブログ)で好き勝手につぶやくことは、誰にセロニアスモンク、いえ、文句を
 つけられることもないんよねぇ・・・・
  ましてわたしは、『夕凪の街 桜の国』を三冊購入し、二冊は友人に「参考文献」として
 贈呈しとるんよねぇ。^^


  価値観に関するやりとりは、対面して話し合っても、食い違うことのほうが多い。
  いわんやネット上では・・・・

  互いに時間と労力を浪費し、残るものは、むなしさ。^^;

  わたしはそれを何回も経験している。


  結論を言えば、こうの史代氏に抱いたわたしの違和感のような「個人の価値観」
 に対するコメントは、これからは投稿者の同意を得ずに、即削除することもあるっちゅう
 ことです。


  わたしの著書『コリアン三国誌』(新幹社)、共著『「マンガ嫌韓流」のここがデタラメ』(コモンズ)をお買いになった方々が、出版社を通して「かせたに! お前に言いたいことがあるから出て来い!」と、コメントされる場合には、もちろん参上して、対応させていただきますが・・・・
[PR]
by kase551 | 2010-05-30 22:48 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/14488414
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ほ~~~~~んまに、天才 初鰹・初飛魚 >>