季節のせいかも?

 よく聴くサックス奏者は、ソニーロリンズと
デクスターゴードン


 「朗々かつ繊細な天才」ロリンズと、「懐の深いオッチャン」ゴードン。
  時には豪快に吹きまくり、時にはバラードをじっくりと語りかける厚み・深みが、
 両者の魅力だ。


 アルトサックスはあまり聴かない(ロリンズもゴードンもテナーサックス)が、
春~初夏は、アルトのCDを引っ張り出すんよねぇ。毎年。
 季節ゆえか?

 昨日はパーカー、今日は、ジャッキーマクリーンを聴く。
c0040369_0213265.jpg

 
 決して流暢とは言い難い「マクリーン節」が、心地良い。
 もしこれがテナーだったら、ちょっときついかもしれないが、
実にえぇ味です。 

 
     
[PR]
by kase551 | 2010-05-15 23:59 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/14387416
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 『実録たかされ』 鳥のように自由に >>