食の変化(2)

 こどものころ、月に二度は、「はりはり鍋」が
食卓に上った。

 すき焼き鍋に鯨肉と水菜を入れ、砂糖と醤油、酒で
味付ける。

 我が家では、それを溶き卵につけて食べていた。

 この大阪庶民の家庭料理が、今や「高級料理」・・・・

 
[PR]
by kase551 | 2010-04-17 23:44 | 社会 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/14192119
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2010-04-18 00:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kase551 at 2010-04-18 17:35
「まさきのNY日暮らし日記」(http://blogs.yahoo.co.jp/arod13nyjp)のブログ主さんと混同されているようですね。
 当方は、テニスとは無縁です。^^ 
Commented at 2010-04-18 18:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kase551 at 2010-04-18 22:37
 ありがとうございます。
 拝読させていただきます。


<< わたしにとっての「ハルキ」 食の変化 >>