志(こころざし)のちがい

 かつての学生運動を背景にした歌を聴きなおす。

 ①豊田勇造がつくった『行方不知』『ある朝高野の交差点近くをうさぎが飛んだ』
 ②森田童子の『孤立無援の歌』
 ③荒井由美の作品である『いちご白書をもう一度』


  ①と②の苦味と諦念、そして①からあふれる「せやけどこのままでは終わらんでぇ」
 という思いにくらべて、③の陰影・屈託のなさと甘ったるさは、なんやろね?


  ③を歌って大ヒットさせた歌手が、昨年6月6日に、
 ステージに上がって豊田勇造を激励する場面は、さまざまな
 ことを考えさせた。 


  
    
[PR]
by kase551 | 2010-03-19 00:18 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/13977257
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 東京旅行記① 以心伝心 >>