沖縄密約を政府が認定

  沖縄が日本に「返還」される際、米軍が負担すべき
現状復帰補償費を日本政府が肩代わりするという
密約があったことを、政府が認定した。


  この密約については、当時の外務省米国局長だった吉野文六氏の証言などから裏付けられていたが、
 政府が認定したことの意味は大きい。

  これは、沖縄からの米軍基地撤退という流れに
 結びつけるための一手かも?という考えは
 甘いだろうか・・・・・ 
[PR]
by kase551 | 2010-03-09 23:59 | 沖縄 | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/13914733
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ペガサス・ミラー at 2010-05-16 10:57
タイトル : 「基地阻止」から「基地閉鎖」への直接行動の拡大を ― “..
    要約 普天間問題が全国民のアジェンダになっているかつてない機会(オポチュニティイー)を生かし,普天間基地撤去を実現するためには,同基地のゲートに連続的かつ長期間に亘って座り込む,非暴力の封混..... more


<< 回想 私の思い >>