「光のエチュード」と「We shall overcome」

 ♪We shall overcome♪と
 高らかに歌ったかつての若者たちは、
 趙博さんの「光のエチュード」を聴いて、
 どのような感想を抱くのだろうか。


  「同志」との関係を保ち続けられずに、
   志を抱き続けられずに、
   考え続けられずに、
   行動し続けられずに、

   過去を懐かしみ、
  「いちご白書をもう一度」をカラオケで歌う。


   そういうものに わたしは なりたくない
  

   なるはずもないけどな
[PR]
by kase551 | 2010-03-05 00:52 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/13874411
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 5月の歌 広告主になりませんか? >>