歌と酒に酔う

 所要のため、大阪に行く。
 今年に入って二回目の関西行きだ。

 無事用事を済ませ、「夜のお楽しみ」に。 
 趙博さんのライブだ。

  ライブの場所は、「地酒のみつ」http://www.yamanaka-sake.jp/osusume/mitsu/0504.htm という店。

  このあたりはラブホテル、ビジネスホテルが多いところだ。
  15年ほど前、○○さんと来たことを思い出す。^^;


  17:30開店・19:00開演なので、早めに行って良い席を確保して、
 一杯やりながら聴こうと思い、18時前にドアを開ける。

  「予約していたかせたにと言いますが・・・」
  
  店の奥から、「おぉ、こんにちは」と声が・・・
  わっ、趙さんですがな。

 
  「特等席」に座り、日本酒を味わいながらパギさん(博さん)のリハーサルを聴く。
   開演前からこんなえぇ思いをさせてもろてもえぇんかいな? 
    
   
   今回のライブは、「春歌」をたっぷり盛り込んだ趣向になっている。
   つボイノリオさんの名曲「金太の大冒険」が聴けたのもうれしかった。^^
  
   もちろんパギさんのオリジナル曲も。
   鶴橋・京橋・芦原橋界隈の歴史・現状を活写する「橋」。
   反骨精神と切実な思いがあふれる「泪の季節」。
   哀感が染み入る「風物詩」。   
     
   パギさんの声は、力強いんやけど、どこか含羞(はにかみ)が感じられ、
  なんともえぇ味わいです。

   そしてラストは「光のエチュード」。
   
   ♪歩いてきた道に 花は咲かないかも知れない
    だけど私たちが 枯れるわけにはいかない♪
   
   ♪重たい体を突き刺す 絶望は夢の入り口
    求め合う一握の愛  手を離してはならない♪

   ちょっとウルっときてしもたね。^^; 


   えぇ歌とえぇ酒をたっぷり味わった大阪の夜でした。
[PR]
by kase551 | 2010-02-27 23:59 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/13840329
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 飲み方 ことばだけの「共生」 >>