選択

 ①目の前で排外的言説が繰り広げられているのに、
 「あんなチンピラは相手にすることはないよ」と、「クール」にふるまう。

 ②排外的言説に抗議する人たちに、「私の友人に手を出すな」と
 メッセージを送る。

 ③「排外主義を許さないぞ!」と高らかに叫ぶ。


  ①は論外だが、②③も、ちょっとなぁ・・・・

  ③のように高らかに叫んでも、「内輪うけ」「仲間ぼめ」で終わることが多いことを、
 経験上、俺は知っている。 ②と同様に・・・・

  もちろん、「○○月××日 福岡朝鮮初級学校を排外主義団体が襲撃する」
という情報を入手した場合には、「私の友人に手を出すな」という旗をかかげて、
私は校門前に立つつもりだが・・・・
  
  
  排外主義的言説にまどわされそうな若い人たちに、
「あっ、そうだったの?」と感じさせる「④」を、どのように
続けていくのかが、俺の課題やね。
[PR]
by kase551 | 2010-02-17 06:52 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/13753283
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 連想 片付けられない・・・ >>