ふしあわせという名の猫

浅川マキの歌を初めて耳にしたのは、中学2年生くらいだった。
 もう35年ほど前か・・・・

 ラジオで、「フォーク名曲集」のような特番があり、録音した。

 加藤登紀子の「少年は街を出る」、岡林信康の「チューリップのアップリケ」
そして、岡林が吉田日出子のことを歌ったと今では推測できる「五年ぶり」などとともに、
浅川マキの「夜が明けたら」を聴いた。

 ジャズかブルースみたいやなぁ・・・・ 
 かっこえぇ歌やけど、オレにはちょっと「ハイレベル」かなぁ・・・
などと思った。
 
 しかし、深みある声は、耳から離れなかった。


  韓国で生活していた1990年代。
  日本人の友人宅で、「浅川マキ」と書かれたカセットテープを目にした
 私は「夜が明けたら」を思い出し、すぐに彼女に頼んだ。

  「○○さん、これダビングさせてね」

  そのカセットに納められた曲のうち、
 「夜が明けたら」以外で私が今でもくちずさむのが、
 「ふしあわせという名の猫」。

  「かもめ」や「セントジェームス病院」も好きやけど、
 わたしにとっての浅川マキは、「ふしあわせという名の猫」だ。

  今もときどき、下手なギターをポロポロやりながら、歌っている。
c0040369_0165213.jpg

  Dm、Gm、A7、Aという、四つのコードで強引に^^、歌っている。 


  今日、ひさしぶりに歌った。 
  稀代の「歌うたい」の死を惜しみながら・・・ 
    
 
[PR]
by kase551 | 2010-01-19 23:59 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/13528513
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 酔中雑感 朝鮮学校訪問 >>