豊田勇造ライブ

  日曜日に京都で人に会う用事があり、飛行機で大阪に飛ぶ。

  無事京都に着き、京都駅八条口近くのホテルにチェックイン。

  今日のお楽しみ「豊田勇造ライブ」までは、まだ時間がかなりある。
  部屋でビール350ミリ缶を二本あける。

  夕方、地下鉄・京阪・叡山電鉄を乗り継いで「一乗寺」へ。
  有名な「一乗寺下がり松」のあるところだ。

  初めての駅・初めての店だが、無事ライブ会場の喫茶「のん」に到着。

  予約に空きがあるようなことをネット掲示板で見ていたので、
 空いてるかもなぁと思いながらドアを開けると、満員やん!
  カウンターの隅に座らせてもらう。
 
  はじめは、「もっとはよ出発しとったら、前の方に座れたのになぁ」
などと思ったが、ドリンクのお代わりをするには最適の席であることに気づく。
c0040369_19482264.jpg

   勇造さんの「大きな自由」の歌詞ではないが、体にウイスキーをぶち込みながら、
 音の世界に入っていく。

   ネット上でのお付き合いをさせていただいているスナフさんと会い、
  毎回すばらしいライブレポを書かれているさくらさんを紹介していただく。


   勇造さんの歌がすばらしいのは言うまでもないことだが、一部のラストでの
 サポートミュージシャンの演奏が、絶妙だった。
   さくらさんのおつれあいのカンチさんとスナフさんが勇造さんに呼ばれ、
  カンチさんはカズー(音色は何度も耳にしているが、今回初めてこの楽器の名前を知った^^;)、
 スナフさんはハーモニカで勇造さんを盛りたて、店内の雰囲気が一気に盛り上がる。
   いやぁ、ホンマよろしおますなぁ。^^
   
   二部は、客席からのリクエストに、抽選で6曲を勇造さんが歌うという趣向だ。
   私は、かつて、京都の若者たちのカリスマだった小松辰男氏と高瀬泰司氏(いずれも故人)を
  歌った「小松ちゃん」と「泰ちゃん」を聴きたいと思ったが、抽選からはもれた。
   せやけど、抽選された6曲のバランスがすばらしかったねぇ。

   「うさぎ」を今日聴けるとは思わなかったなぁ・・・・

   ライブ終了後の打ち上げでは、スナフさんのおかげで勇造さんの近くに座らせてもらい、
  いろいろと話をすることができた。
   「9条25条の実現を 意見広告」に掲載されていた「豊田勇造」が、やはりご本人だったことを確認し、5月に「小松ちゃん」を家で歌いながら勇造さんが涙を流すことなどを聞く。


    「泰ちゃん」の舞台であるスナック「白樺」に行きたいと言った私に、
   スナフさんのお友だちであるももさんが、「今から行く?」と声をかけてくれる。
    えっ? よろしいんですか?

    3人で歩きながら、京大の近くにある「白樺」へ。
    ここは、故高瀬氏のおつれあいが経営している店だ。
  
c0040369_1948398.jpg

     ♪嵐を避ける鳥たちをかくまう森のように
      リズム&ブルーズにゆれながらあなたは 待っててくれた♪

    
    ライブでのリクエストの抽選にはもれたが、「小松ちゃん」の歌詞のように、
  ♪オンザロックを もう一杯♪と何度も注文しながら勇造さんの歌に浸り、  
   「泰ちゃん」の舞台の「白樺」で、高瀬氏の追悼集を目にすることができ・・・   

        
     勇造さん、「のん」のご夫妻、マンマさん、スナフさん、ももさん、さくらさん、カンチさん、
   「白樺」ママ、さまざまな人たちのおかげで、 ホンマ、えぇ日になりました。
    
      おおきに!!

   
[PR]
by kase551 | 2010-01-09 23:59 | 音楽 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/13461077
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by browne at 2010-01-12 23:17 x
1年前は、かせたにさんが座られてた位置で聴いていたと思います。
お話することができず残念でした。
打上げそして打上げ後も楽しまれたようで何よりです。

しかし、いいLive でしたね♪
Commented by スナフ at 2010-01-13 08:46 x
遠いところから来られたのだからもっと前の方に座っていただけたら…………


と思っておりましたが
なるほど!
お酒を注文するのに丁度良い(酔い)席だったのですね♪

勇造さんの新春ライブ、そして勇造さん繋がりで、同じ意志を持った同志・かせたにさんとの握手、
2重に楽しい夜でした!


しかしお酒、強いですねえ!
またいつか呑みましょう!
Commented by kase551 at 2010-01-13 22:25
・browneさん、ごあいさつできなかったのは残念でしたが、息子さんにとっては、ウイスキーの匂いをぷんぷんさせているオッサンを至近距離で見ずに済んで、よかったかもしれません。^^;
 
 それはともかく、おっしゃるとおり、ホンマにえぇライブでしたねぇ・・・^^
 

・スナフさん、「体にウイスキーぶち込み」には最適の席であることに気付いたわたしは、三杯目くらいから、「オンザロックをもう一杯」と、「小松ちゃん」の世界に浸っておりました。^^

 いい音楽といい仲間とともに楽しむ酒は、いくら飲んでも
二日酔いしないんですよねぇ・・・^^

 同志・スナフさんと、がっちり握手できて、ホンマにうれしかったです。 

 ぜひぜひ、またお付き合い下さい。^^



Commented by マンマ at 2010-01-17 22:53 x
先日は遠いところからお出でいただきありがとうございました
「白樺」、開いていて良かったですね!

10数年前、高瀬さんの追悼ライブが「白樺」であったのですが、
ちょうどこの写真の左部分の煉瓦の壁の向こう側、入口のすぐ横が勇造さんのステージで、
店の中は超満員で酸欠になりそうなくらい、常連のお客さんはママと一緒にカウンターの中に入ってた・・・・・・
そんなことを思い出しました
Commented by kase551 at 2010-01-18 22:11
 マンマさん、こちらこそありがとうございました。
 美味しい豚汁も、ごちそうさまでした。

 「白樺」に行って、高瀬さんの追悼集を手に取ることができたのは、
望外の喜びでした。


 ♪なんかあったかいもんが欲しかったで♪
というのは勇造さんの歌詞ですが、
 京都には、そして「のん」には、あったかいもんがいっぱいでした。^^
  
 おおきに!


<< アイヌの美 明日から関西へ >>