趙博

  二日酔いの頭で、趙博のCDを聴いている。

  「狼煙」「北のエチカ」「待ってまっせ」「橋」・・・・

  反骨精神に満ちた詩と叙情的なメロディも
 すばらしいが、趙博の声が、ホンマにえぇんやねぇ。

  力強く、よく通り、そして繊細さを感じさせる声。
  どこか「照れ」があるのも、魅力です。
[PR]
by kase551 | 2009-12-20 06:52 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/13277594
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 兄貴と姐御 「親バカ」ではありません >>