「軍需」

 敗戦後の農地改革から2000年代の現在にいたるまでの
日本社会の大まかな流れ(本当に大まかな・・)について、
若い人たちに説明する。

 1950年からの朝鮮戦争の「軍需」によって日本が経済成長の
土台を築いたという事実を話しながら、ふと思う。

 
  こういう「軍需」を当てにする連中が、今、
「米軍飛行場が辺野古に移転するなら、その工事をうちが請け負って・・・」
などともくろんでるんやろなぁ・・・  
[PR]
by kase551 | 2009-12-09 23:11 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/13192672
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ノーベル「平和賞」 摩擦 >>