教え子の結婚

 中国・延辺朝鮮族自治州での
「教え子」であるPさんとK君が
12月に結婚式を挙げると、電話で知らされる。

 当人たちは来年の5月に式を挙げる予定だったが、
民間習俗による「結婚式に適した日」に合わず、
双方の親たちの意向に従い、「適した日」である
今年12月某日に変更したとのこと。

 私が韓国で暮らしていたとき、知人のLさん
(30代の韓国人)の引越し計画に対して、
彼の母親が民間習俗に基づいて、その計画を強引に変更させたことを
思い出した。


 Pさん・K君と初めて会ったのは、1998年9月。
 あれからもう11年か・・・・

  ほんま、ふたりとも、よう頑張ってきたねぇ・・・・
[PR]
by kase551 | 2009-10-25 23:17 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/12740747
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< あれから30年 『ゴルゴ13』「蟷螂の斧」「汚... >>