『ゴルゴ13』「蟷螂の斧」「汚れた金」

 うまいコメを食べると思い出すマンガ作品がある。

 さいとうたかを作『ゴルゴ13』シリーズの、
「蟷螂の斧」と「汚れた金」の二作品だ。

 米カーギル社などの穀物メジャーに立ち向かう
日本の商社マン・藤堂の活躍を描いた「穀物戦争二部作」。

 以前ここでも述べたように、「汚れた金」には、設定における大きな問題点があるが、
「給食という餌付け」「戦略物資としての穀物」を理解する参考書として、よくできていると思う。
 

 そして、藤堂という人物が魅力的で、
前述の問題点を補って余りあるストーリー展開のおもしろさに、
ついつい再読してしまう。^^
[PR]
by kase551 | 2009-10-25 22:48 | マンガ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/12740262
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 教え子の結婚 新米 >>