魚を寝かせる

 おろした魚は、早く食べたほうが美味しいかといえば、
そうでもない。
 
 8月中旬から『西日本新聞』で、現役の漁師が
「豊後水道奮闘紀」というコラムを連載している。

 それによると、おろした魚をさらしなどに包んで
冷蔵庫で2~3日寝かせると、熟成した味が楽しめる
とのこと。

 せっかちな私は、待ちきれずに翌日に食べているが、
それでもおろしたてよりも味が深まっているように感じる。

 旨いよ。

 
c0040369_2228628.jpg

 
[PR]
by kase551 | 2009-10-12 23:59 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/12617125
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 「拉致問題」進展のために 刺身と日本酒 >>