相撲は格闘技

 先日、気迫あふれる相撲で白鳳を下して優勝した
朝青龍に対して、横綱審議委員の中から、
「ガッツポーズの品格」を問題視する声があがったという。


 わたしは朝青龍が嫌いだ。
 
 巡業をさぼってモンゴルでサッカーをしたことや、
取材する記者に対する「お前」などのことばづかいも
腹立たしいし、モンゴル力士として先輩である
旭鷲山(引退)に対するかつての態度や、旭鷲山の
車のドアミラーを壊したことなど、彼の言動は、
社会人としては、お粗末過ぎる。

 しかし、土俵上での気迫と、ここ一番での勝負強さには、
「おぉ!」と感嘆、感動することが多い。
 これは、朝青龍の大きな魅力だろう。

 相撲は、伝統芸能でもあるが、それ以前に格闘技だ。

 ごちゃごちゃ文句つけるのもえぇけど、
「あの気迫だけは、他の力士も見習うべきだ!」くらい
ゆぅたらどないやねん。
 

  現在の相撲協会理事長は、元横綱・三重ノ海だ。

  勝ち越すのがやっとという「先の見えた大関」だった
 三重ノ海が、円熟の域に達そうとしていた横綱・輪島に
 挑んだ一戦は、今でも私の脳裏から消えない。

  立ち合いでぶつかったあと両者は、土俵の中央で向かい合う。
  
  そこで三重ノ海が唐突に左右の張り手を輪島に見舞う。
  それは、十分にバックスイングをつけた、強烈な二発のビンタだった。

   テレビの前の私は、思わず「おぁ~っ!」とうなった。

   ふらつく輪島を一気に寄り倒す三重ノ海。

   この気迫あふれる相撲は、三重ノ海にとって、大きな転機だったと思う。

   彼はその後、好成績を重ね、横綱に昇進する。    


   相撲は格闘技だ。   

   格闘技の経験もないお上品な方々が「品格、品格」と、
  ひとつおぼえを繰り返す姿は、朝青龍の「ダメ押し」や「ガッツポーズ」
  よりも、はるかに見苦しい。


 
[PR]
by kase551 | 2009-09-29 23:59 | スポーツ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/12491086
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 立ち合い 森川アキコ『small music』 >>