歌手になるべき声

 『桑田佳祐の音楽寅さん』(フジテレビ系)を見るたびに(聴くたびに)、
桑田氏の歌唱に感嘆する。
 
 表現力もすばらしいが、声自体の魅力も大きい。

 ちょっと「がさっ」としていながら、絶妙の
「湿度」をもった声質は、まさに歌手になるべき声。


  俺は、多くの人が「上手い」とか「すごい」とか
 もてはやす、平原綾香とか平井堅とか秋川ナントカさん
 (千の風になって) とか、ドリカムの吉田さんとか、
 全然えぇとは思わんのよね。
  むしろ耳ざわり。

  日曜の午後7:30からNHKで放映している
 『ダーウィンが来た』という自然ドキュメンタリー番組が
 好きなんやけど、唯一の難点は、オープニングテーマを
 平原綾香が歌うということ。
  いちいち「消音」にするのがわずらわしい。
  
  せやけど、NHKって、ホンマ平原綾香が好きやねぇ・・・><


  話を「歌手になるべき声」に戻すと、
 女性歌手では、高橋真梨子の声も、 
 「歌手になるべき声」やね。   
  
 
[PR]
by kase551 | 2009-09-07 23:46 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/12287663
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 高野文子「奥村さんのお茄子」 サザエと秋刀魚 >>