証跡(しょうせき)

  「創氏改名は朝鮮人が望んだことだ」
 
  「あんな部落出身者(野中広務のこと)を首相にはできんわなぁ」
 
  「一文化、一文明、一民族、一言語の国は日本のほかにはない」

 これはすべて、麻生太郎の発言だ。

 麻生のような人間が、たとえ一時期にしろ首相の座にあったということは、
日本社会における歴史認識の浅さ、人権意識の低さ、文化理解の貧困さを
物語る証(あかし)、すなわち証跡(しょうせき)だといえるだろう。


  
  
[PR]
by kase551 | 2009-08-11 21:14 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/12113511
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 参政権 核廃絶をさけぶならば・・・ >>