「オバマジョリティ」?

 広島市長による「オバマジョリティ」なる表現に、
違和感をおぼえる。

 そして、「Yes we can」という英語による締めくくりにも・・・・

 オバマの「道義的責任」という発言は、これまでの
米大統領にはなかったことだが、ベトナム侵略戦争を
正当化し(就任演説参照)、アフガニスタン侵略を続ける米国大統領に対する手放しのすり寄りは、なんなんやろなぁ・・

 オバマは「道義的責任」発言のあと、「私はナイーブ(甘ちゃん・お人よし)ではない」
と述べているが、広島市長演説の、なんとナイーブなこと・・・
 
[PR]
by kase551 | 2009-08-06 23:15 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/12084868
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 「話」と「話し」 頭越し >>