ひずみ

  チベットで、そしてウイグル自治区で、
 漢族による支配のひずみが表面化している。

  中国政府が掲げている「中華民族」という
 枠組みが虚構であることが、露呈している。
[PR]
by kase551 | 2009-07-08 23:59 | 社会 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/11907754
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ごろごろ at 2009-07-09 21:26 x
ある民族が他民族を支配したり権力が国民を支配したりする仕組みを早くなくしたいですね。
Commented by kase551 at 2009-07-09 22:23
豊田勇造さんが丸木位里・俊夫妻について歌った「ふたりの絵描きさん」
という曲に、次のような歌詞があります。

 「広島 南京 アウシュビッツ 水俣 沖縄
いくつものまなざしが問いかけてくる
 おろかなことを人は何故くりかえす
いくつものまなざしが問いかけてくる」  


<< 「在特会」も日本人の問題 過去あばき >>