「国民栄誉賞」の機能

 品性下劣で、耳障りな発声しかできず、
無能な首相であっても、「国民栄誉賞」
を贈呈する場面では、超一流の業績を
残した「プロ中のプロ」に、賞を「与える」
立場に自分を位置づけることができる。
[PR]
by kase551 | 2009-05-29 23:59 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/11649732
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 「赤紙」が来たら 河村官房長官の声 >>