アマちゃん優勝!

 大相撲のテレビ中継を見て、拍手をするのはひさしぶりだ。

 大関日馬富士が大関琴欧州を破った「本割」の一番と、
横綱白鳳を下した優勝決定戦に、私は自然に拍手を送っていた。
 
 私は日馬富士を、勝手に「アマちゃん」と呼んでいる。
 もとの四股名である「安馬(アマ)」のほうがしっくりくるので、
親しみを込めて、「アマちゃん」と呼んでいる。

 「アマちゃん」は「甘ちゃん」の対極にいる。
 現在の力士としては小柄な彼は、がっちりまともに
組まれると、勝機をつかみづらい。
 しかしアマちゃんは、立会いで変化することは少ない。

 正面から相手にぶつかり、相手有利な組み手をさせないように
技術を駆使して、自分のペースで技を出し、白星を重ねてきた。

 今日の「本割」。
 長身の琴欧州に差し込まれ、「あぁ、これはあかん!」と思った直後、
首投げ一閃!

 画面に向かって、思わずパチパチ!!
 「お~、アマちゃん、すごいなぁ!」 

    
  そして優勝決定戦。
  「アマちゃん、おめでとう!」と、また拍手。

  今、NHKの『サンデースポーツ』を見ながら、
 三度目の拍手を・・・・^^
   
  大関に昇進してから、しばらく迷いがあった感じやったけど、
 アマちゃん、吹っ切れたみたいやね。
 

  そして、優勝決定戦で敗れた白鳳も、えぇんよねぇ。
  14日目に琴欧州に敗れたことに対して、大横綱・双葉山の
 ことばを借りて、「いまだ木鶏たりえず」とつぶやいたセンスに
 感嘆!

   木製の鶏のように、常に無心でいるべきだという双葉山の
  心構えを受け継ごうとする白鳳24歳。
    
   アマちゃんは25歳。

   今後3年くらいは、二人の名勝負を楽しめそうやね。^^

  
[PR]
by kase551 | 2009-05-24 22:09 | スポーツ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/11608201
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ラブコール ノテウとノムヒョン >>