豊田勇造

 ♪酒の一杯はもう一杯を呼び
  また夜に呑まれてゆく♪

 という歌をご存知の方は、拙ブログのお客様にはほとんどいらっしゃらないだろう。

  豊田勇造という歌手の、「憧れのジャマイカ」という曲だ。

  この曲を初めて聴いたのが、もう30年近く前。
  ラジオで偶然耳にして、「おぉ、えぇなぁ」と感じて以来、愛唱している。

  今は無き『プレイガイドジャーナル』(プガジャ)を愛読していた私は、
 豊田氏の名前は同誌でよく目にしていたが、
  「なんか理屈っぽそうな歌手」という先入観をいだいてた。

  しかし「憧れのジャマイカ」を聴いて、その偏見を深く恥じた。


  まとめて「豊田節」を聴きなおしたくなり、最近CDを「大人買い」した。^^;
c0040369_23285026.jpg

   「憧れのジャマイカ」のころの歌も、もちろんえぇけど、
 今(2000年代後半)の声も、深みがあってよろしおます。
c0040369_23295419.jpg


   ちゃんと歌い続けている人の声とは、そうゆうもんやろね。
 
[PR]
by kase551 | 2009-04-02 23:29 | 音楽 | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/11240279
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ひまじんさろん at 2009-06-08 20:21
タイトル : 団塊、魂の讃歌・豊田勇造!
フォークソング界の草分けの一人で、7月に還暦を迎えるシンガー豊田勇造さんが京都・円山公園音楽堂で「60歳6時間60曲フリーコンサート」を開き、参加してきた。同じ時代を生きた団塊の世代の歌手の歌声に、胸震える感動的で贅沢な6時間を過ごした。豊田勇造といっ...... more
Commented at 2009-05-06 01:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kase551 at 2009-05-06 21:18
 6月6日は、円山に行きます。^^ 
 
 当日、かりゆしウェアを着て、ラムかテキーラをあおりながら
ひとりで盛り上がっているメガネのオッサンがいたら、通報せず^^;
に、声を掛けてください。
 それは私です。^^


<< 苦しむのは・・・ 成長 >>