西洋人能楽師

 NHK教育テレビの「視点論点」に、小鴨梨辺華(おがも りべか)
という人が出ていた。
 
 ネット検索したところ、米国出身の彼女は、1972年から能楽修行を始め、
1996年には、外国人としてはじめて能楽協会に入会したという。

 こういう人の存在は、近年よく見聞きする「○○のDNA」
(例:「能楽のDNA」、「日本文化のDNA」)などというたわごとが、
いかに愚劣なものであるかを、実感させてくれる。

  
[PR]
by kase551 | 2009-02-11 23:09 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/10857745
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 読み方 新作 >>