いしいひさいち

  なんだかんだと言いながら『朝日新聞』の購読を続けているのは、
 いしいひさいちのマンガを毎朝読めるっちゅうこともあるんよね。

 いしい氏のマンガを初めて目にしたのは、1970年代後半だった。
今は亡き『プレイガイドジャーナル』に連載していた「御漫画」を
目にして、いしいワールドに魅せられた。

  そして、『バイトくん』(プレイガイドジャーナル社)を買って読み、
 いしい氏の独特の視点に笑わせてもらい、感嘆するとともに、
 「絵もうまいなぁ・・・」と思った。

  『バイトくん』が出たのが1977年。
  30年以上も第一線で活躍し続けてるんやねぇ・・・・

  私が福岡で暮らし始めた年(2002年)に出た
 『現代思想の遭難者たち』(講談社)は、『バイトくん』とともに、
 座右の書である。

  まさかジンメル(ドイツの社会学者)がマンガで読めるとは!
  これを読んだときには、ホンマに感嘆・感動しましたね。

  今日(30日)の連載マンガ「ののちゃん」の
 一コマ目にも、うなりました。
  このマンガにおける人気キャラ・藤原センセが
 風邪で寝込んだまま、電話を取る場面です。
c0040369_23451821.jpg

  状況描写もさることながら、藤原センセが
 なんとも色っぽい!  
  ほつれ髪・・・

  これは切り抜いて保存しましょう。^^;

  「ののちゃん」を切り抜くのは、2003年以来やね。
c0040369_23455113.jpg

  この作品もすごいよねぇ・・・・
  つげ義春の愛読者である私は、「お~!!」と
 声をあげながら切り抜きました。^^
[PR]
by kase551 | 2009-01-30 23:49 | マンガ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/10757572
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< つげ義春 自衛隊 >>