人と愛

 昨日紹介した朴慶南さんの「サラムとサラン」は、
朝鮮語で「人と愛」を意味する。

 発音も表記も似ているこのことばのハングル表記における
相違点は、「□」と「○」の違いのみ。

 サラムの「□」を「○」に変えれば、サランすなわち愛になる。
 そして、「□」の発音においては、口(くち)は閉ざされているが、
「○」の発音は、口を開かなければ不可能だ。

 「人」の角が取れて、丸くなれば「愛」になる。
 閉ざしていた口を開いて、「人」は「愛」になる。
 
 
[PR]
by kase551 | 2008-11-25 22:49 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/10204704
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 犬に関する雑感 朴慶南『サラムとサラン』 >>