「いのちの授業」

 乳がん患者である自らの体験にもとづき、
いのちの大切さをこどもたちに訴えかけていた
山田泉さんが亡くなった。 49歳だった。

 あるドキュメンタリー番組で、山田さんの活動を知った
私は、彼女に敬意を抱き続けていた。

 私は、山田さんのように「いのちの授業」をする立場ではないが、
若い人たちと日常的に接している。

 彼ら・彼女らに対して、タテマエやきれいごとではなく、
山田さんのように、自分の体験に即して、自らのことばで
語りたいと考えている。

 山田さんのご冥福を祈ります。
[PR]
by kase551 | 2008-11-21 23:59 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/10183076
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 特別在留許可を願う 鍋の季節 >>