ちばてつや「トモガキ」(後編)

 下品な表紙の『ヤングマガジン』を買う。
 ちばてつや「トモガキ」の後編を読むためだ。

 大怪我のため、締め切り間際の原稿を「落とす」危機に直面したちば氏に代わって、
石森章太郎・赤塚不二夫たちがちば氏のタッチを真似て、「突貫作業」で
原稿を仕上げたというエピソードについて、以前から私は知っていたが、
ちば氏本人が描く「真相」は、「そうやったんか・・・」と、新たな感慨と感動を与えてくれる。
 
c0040369_19482882.jpg
若かりし赤塚氏の顔も、なんとも味わい深い。

 「トモガキ」は、今週の後編で終わったが、
タイトルには「ちばてつや伝①」となっている。

  来年には「②」が読めるかもしれない。
  楽しみやねぇ・・・・
   

  
[PR]
by kase551 | 2008-11-10 19:50 | マンガ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/10109076
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 飲みすぎ 休肝日 >>