矢野顕子

 「春咲小紅」って、ほんまつまらん歌やね。
 いや、つまらん歌詞です。

 NHKの『songs』を見ての雑感。

 これが矢野顕子の「代表曲」?
 それはちゃうやろ・・・・
 メロディもいまいちです。

 30分番組で、矢野さんと糸井重里(商売上手!)との雑談に
多くの時間を割いたNHKの製作姿勢には、疑問を感じる。 
  

 彼女の魅力は、「ごはんができたよ」「いろはにこんぺいとう」
「ほうろう」「相合傘」などに、よりよく現れている。

 小賢しい糸井の歌詞より、矢野さん本人や、
細野晴臣氏の歌詞のほうが、俺は好きやね。
   
 「音楽の神」に見込まれた矢野顕子という天才は、
自由なリズムと柔軟な歌唱、そして抜群のピアノ演奏によって、
私たちを異次元へといざなう、シャーマンだ。

  『songs』では、その魅力は生かされていなかった。
  大貫妙子との共演でも、なにか互いに遠慮しあった感じで、いまいち・・・・
 
  稀代のミュージシャン同士の共演は、期待はずれだった。
  惜しいなぁ・・・・・

  
  『いろはにこんぺいとう』のCDを引っ張り出して聴く。
  名盤です。
 
c0040369_0101216.jpg
 

   80年代の初期「長嶋ジャイアンツ」が好きだった人には、ひときわおすすめの
  アルバムですね。
    アンチジャイアンツの私も感動する、「行け柳田」・・・^^
[PR]
by kase551 | 2008-11-05 23:59 | 音楽 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/10078581
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ゆら at 2008-11-06 20:39 x
あはは、あの曲はポートピアだかなんだか、神戸でやったイベントのための曲だからね(・∀・) 代表曲ではないわな。
「春先、神戸に見にきてね」を「はるさきこうべに」→「春咲小紅」にしたってのには、あたしは、なるほどなぁと思うよ。

矢野さん聴かないけど、あのー、なんだっけ あの人たち・・・ ホラホラ
♪風にぃーなりーたいー の人がいたバンド。
あのバンドとのコラボで『釣りに行こう』って曲があってね
あれあたし大好き♪

・・・しかしあのバンドなんつったっけかなー・・・・(・_・)
『星のラブレター』が好きでベスト盤買ったんだよなー。
なんだったかなー・・・・

ブームだ!
Commented by kase551 at 2008-11-06 23:29
 そう、神戸ポートピアのテーマソングだったんですよね。
 ご指摘の語呂合わせも、当時から私は好きではありませんでした。
 まあ私は、小賢しい、小狡い印象が消えない糸井重里が嫌いなんですね。^^;
 
Commented by 通りすがり at 2009-01-13 21:14 x
はじめまして。検索から来ました。
『春咲小紅』は矢野顕子本人もあくまでCMのための曲であまり思い入れがない、と言っていたのが印象深かったです。一緒に別の曲もプレゼンしていて(何か忘れました)そっちの方が好きだったものの、結局『春咲小紅』が残り、ヒットしてしまったとのこと。
矢野ファンとしても、いまだにこの曲が代表作として紹介されてしまうのはちょっと歯がゆいですね。
Commented by kase551 at 2009-01-14 00:32
 はじめまして。
  『春咲小紅』には、矢野顕子の魅力がほとんど現れていないと、
私は思います。これを「代表曲」と紹介するのは、矢野さんに失礼ですよねぇ・・・・・
 
Commented by pukkochu at 2009-01-14 23:25
今年もよろしくお願いいたします!
『いろはにこんぺいとう』懐かしい!
サビだけ歌えます。^^
Commented by kase551 at 2009-01-15 22:29
 こちらこそ、今年もよろしくお願い申し上げます。^^
 「いろはにこんぺいとう」は、歌詞・曲・アレンジ・歌唱、
すべてすばらしいんですよねぇ・・・・

 「春咲小紅」とは、雲泥の差(しつこい?^^;)・・・・


<< キューバ・北欧に学ぶ点 ちばてつやの新作 >>